4Dフリーフォーム石英ガラス

広範囲波長において高透過率を実現し、さまざまなレンズ形状に対応可能な4Dフリーフォーム石英ガラス。従来の加工品と比べて価格・リードタイムに優れた石英ガラスを、ニコンの独自製法で実現しました。

従来の製法とニコンの独自製法の比較

透過率

特長

  • 最終製品の性能向上に貢献する高い透過性
    広範囲波長において高透過率を確保できるため、光エネルギーのロスを抑えられ、最終製品の性能向上をサポートします。
  • 光学設計の自由度を高めるフリーフォーム
    ウィンドウなどの平板や、さまざまなレンズ形状に対応。従来の研削加工では製作できなかった形状も実現でき、最終製品の設計の自由度を向上します。※
  • 過酷な環境に適した軽量性・耐熱性・化学的耐久性
    一般光学ガラスよりも軽量化を実現。さらに耐熱性、化学的耐久性に優れており、過酷な使用環境に適しています。
  • 〈最大寸法〉平板 直径50× 厚さ4 mm。その他の寸法、形状についてはお問い合わせください。

形状

平行平板(角型、丸型)、半球レンズ、平凸・平凹レンズ、非球面レンズ、フライアイレンズ、自由形状など

設計例

設計例1

波長: 260 nm、光源サイズ: 0.8 mm × 0.8 mm、光源とレンズ距離: 0.2 mm,
光源とディテクタ距離: 7.0 mm、ディテクタサイズ: 7.0 mm × 7.0 mm

  • レンズが無い場合と比較して、フランジ付半球レンズを用いることにより、ディテクタへの光量を約2.8倍にすることが可能です。
  • 非球面にすることにより、さらに光量を増加させることが可能です。

設計例2

  • このレンズを集光レンズとして用いることにより、平凸レンズよりも大幅にディテクタへの光量を増加させることができます。
  • 凸面を平面、非球面、フライアイ形状、フレネル形状等に変更し、所望の特性を得ることが可能です。

各種特性

光学特性
nd 1.45850
νd 67.8
ne 1.46012
νe 67.7
  • 当ページに掲載する各データは代表値であり保証値ではありません。
  • 各種サイズ、詳細仕様についてはご相談ください。

各特性の詳細はこちらをご覧ください。

本ページに掲載した製品及び製品の技術(ソフトウェアを含む)は、「外国為替及び外国貿易法」等に定める規制貨物等(技術を含む)に該当します。輸出する場合には政府許可取得等適正な手続きをお取り下さい。