バイオ関連機器

◆細胞観察装置 BioStudioシリーズ

細胞観察装置 BioStudio-T

細胞観察装置 BioStudio-T

BioStudio-T(バイオスタジオ-T)は、細胞を動かさず(容器固定)対物レンズが動き、広範囲観察ができる位相差観察装置です。
光学系が広範囲を可動するため、サンプル固定の状態で観察ができます。長時間タイプラプスイメージング、タイリング画像取得が可能です。
専用ホルダを使用することにより、培地交換後もほとんどずれることなく撮影が継続できます。
再生医療分野での研究にもお使いいただけます。

  • 優れた防水性・耐薬品性
    防水性に優れており、過酸化水素ガス除染・UV滅菌にも対応し「拭きやすい顕微鏡」としてお使いいただけます。アイソレータ、インキュベータ、バイオセーフティキャビネット内での使用が可能です。お手持ちのインキュベータへの設置が可能です
    ※設置条件があります。
  • 広範囲の観察
    対物レンズが動くことにより、広範囲の画像取得が可能です。各種マルチプレートのほぼ全域の観察が可能です。
  • 細胞にやさしい
    細胞(容器)は動かしません。アダプタにプレートをセットするだけで、光学系(対物レンズ)が可動し画像を取得します。光源には、細胞にやさしい赤色LED照明を採用。撮影時のみ照明ONとなります。
  • 観察はパソコンから行います。
    パソコンは本体、コントロールボックスとケーブルで接続します。
  • アプリケーション
    ES細胞、iPS細胞等の分化/細胞分裂/細胞の走化性/コロニーの形成/スクラッチアッセイ/がん細胞の浸潤など
細胞観察装置 BioStudio-T
カタログダウンロード PDF:959KB

●仕様

使用環境温度0~40℃、湿度95%RH以下
過酸化水素ガスによる除染可能
対応容器各種マルチプレート、ディッシュ、フラスコ(条件があります)
観察モード位相差観察
倍率1.6倍、4倍/4倍、10倍
カメラ131万画素モノクロカメラ
フォーカスオートフォーカス機構搭載
撮影範囲124mm×100mm
サイズ/重量W310×H375×D355mm / 約15kg

2次元培養細胞

●ヒトiPS細胞タイムラプス撮影

40分間タイムラプス137時間/位相差観察4倍

画像ご提供:大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻 生物プロセスシステム工学領域
紀ノ岡正博先生、金美海先生


●間葉系幹細胞タイムラプス (細胞濃度:濃/薄)
 (容器: 6ウェルプレート)

位相差観察 4倍
画像ご提供:名古屋大学大学院創薬科学研究科 基盤創薬学専攻 創薬生物科学講座 細胞分子情報学分野 加藤竜司先生


●解析事例 (間葉系幹細胞の経時的サイズ分布変化)

※3×3でタイリング撮影を行った各画像中に存在した全細胞について、画像処理(NIKON CL-Quant)を用いてサイズ(Area)を計測し、ヒストグラム(頻度分布)を枚経時取得して連続再生したもの。細胞集団が大きめの集団から小さめの集団へと変化していく状態変化を数量化することができています

ご提供:名古屋大学大学院創薬科学研究科 基盤創薬学専攻 創薬生物科学講座 


●タイリング画像 (位相差観察 1.6倍)



3次元培養細胞

●ヒト皮膚線維芽細胞のスフェロイド培養タイムラプス (細胞数:多/少)
 (容器: 96ウェルプレート U字ボトム)

位相差観察 4倍

画像ご提供:名古屋大学大学院創薬科学研究科 基盤創薬学専攻 創薬生物科学講座 細胞分子情報学分野 加藤竜司先生


バイオ関連機器の他の製品を見る