バイオ関連機器

◆細胞観察装置 BioStudioシリーズ

全景細胞観察システム BioStudio-TW NEW

全景細胞観察システム BioStudio-TW

BioStudio-TW(バイオスタジオ-TW)は、細胞の分布を広範囲で観察できるマクロ観察光学系を組み込んだ観察装置です。
マクロで観察した箇所を位相差光学系で詳細に観察ができます。
容器を動かさず細胞へのダメージを抑え、培養細胞の画像取得が可能です。専用ホルダを使用することにより、培地交換後もほとんどずれることなく撮影が継続できます。
再生医療分野で幅広くお使いいただけます。

  • 優れた防水性・耐薬品性
    耐薬品性に優れており、過酸化水素ガス除染・UV滅菌にも対応し「拭きやすい観察装置」としてお使いいただけます。バイオセーフティキャビネット、アイソレータ内での使用が可能です。
  • 広範囲の細胞分布の確認に
    細胞の分布を見るマクロ観察(暗視野)、詳細を見るミクロ観察(位相差)と2種類の光学系を搭載しました。これまで画像確認に時間を要した広範囲観察もBioStudio-TWを使用すれば短時間で可能に。マクロで取得した画像の任意の場所をクリックすることにより、詳細な位相差画像(1.6倍、4倍)が表示されます。
  • 観察エリア
    暗視野観察の視野は35mm×35mm、6ウェルプレートであれば約8秒で撮影できます。位相差観察は、対物レンズが動くことにより、広範囲(115mm×90mm)の画像取得が可能です。
  • 細胞にやさしい
    細胞(サンプル容器)は動かしません。アダプタにプレートをセットするだけで、光学系(対物レンズ)が可動し画像を取得します。位相差用光源には、細胞にやさしい赤色LED照明を採用。撮影時のみ照明ONとなります。
  • 観察はパソコンから行います。
    パソコンは本体、コントロールボックスとケーブルで接続します。
  • アプリケーション
    ES細胞、iPS細胞等の分化/細胞分裂/細胞の走化性/コロニーの形成/スクラッチアッセイ/がん細胞の浸潤など
全景細胞観察システム BioStudio-TW
カタログダウンロード PDF:1.34MB

●Operation screen

●仕様

使用環境温度15~40℃、湿度85%RH以下
過酸化水素ガスによる除染可能
対応容器各種マルチプレート、ディッシュ、フラスコ(条件があります)
観察モードミクロ観察:位相差
マクロ観察:暗視野
倍率(位相差)1.6倍、4倍、8倍(デジタル)
カメラ131万画素モノクロカメラ
フォーカスオートフォーカス機構搭載
撮影範囲位相差:115mm×90mm
暗視野:35mm×35mm
サイズ/重量W425×D265×H400mm / 約18kg

●iPS細胞のタイリング画像

6ウェルプレート/位相差観察4倍

90mmディッシュ/位相差観察4倍(拡大画像)

画像ご提供:京都大学iPS細胞研究所(CiRA) 基盤技術研究部門 高須研究室 ストック製造G 佐藤美子先生


バイオ関連機器の他の製品を見る