1. 小さいけれど暮らしに欠かせない半導体とは

半導体とは「半導体集積回路」の略称です。条件によって電気を通したり、通さなかったりする半導体物質であるシリコンのチップに、電子回路を構成する数十億個の素子(トランジスタ・抵抗・コンデンサ・ダイオード)を配置したものです。

現在のデジタル社会では、スマートフォンやタブレット、パソコンなどの電子機器をはじめ、炊飯器や洗濯機といったマイコン入りの家電などが生活の一部となっています。これらの頭脳として利用されているのが、半導体です。
半導体は、あらゆる電子機器や電化製品を効率よく働かせるために欠かせない存在となっています。
私たちの室内を快適な温度に保ったり、お米をおいしく炊き上げたり、美しいデジタル写真が操作ひとつで簡単に撮れるように、小さな半導体が目に見えないところで活躍しています。
このデジタル社会を支えるのが、まさしく高集積化された半導体なのです。